伊豆の国市 真宗大谷派正蓮寺・寿光幼稚園・楽生保育園のシェアブログ 「ほとけのこども日記」 

hotokenoko.exblog.jp

あの子もこの子もほとけの子、 どの子もどの子も大切に♪   浄土真宗正蓮寺の本尊である阿弥陀様の慈悲に照らされて命輝く、「ほとけのこども」たちのまわりの出来事をご紹介していきます♪

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

正蓮寺だより最新14号より引用して、
報恩講・追弔法要の報告をいたします。

長文です。ごゆっくりおつきあいいただけると嬉しいです。


以下


▼麗らかな春の日差しに、仏様の慈悲のような温もりを感じる今日この頃です。全国的に桜の開花が遅れていますが、お寺の境内の約三十本の桜は品種ごとに次第に開花してきました。


b0188106_23465232.jpg



■報恩講(ほうおんこう)・追弔会(ついちょうえ) 報告
平成二十四年 三月十一日(日)

b0188106_23482937.jpg


▼正蓮寺檀家・僧侶・寺族・楽生保育園寿光幼稚園保護者、みなさまお一人お一人のおかげさまをもちまして、報恩講・追弔会は総勢百二十名の尊い法会になりました。







報恩講は親鸞聖人の遺徳を讃える、真宗寺院の最も重い法要。三年前に寄進された高座に登り、謹んで阿弥陀様と親鸞聖人の御影に表白を申し上げました。


b0188106_23174496.jpg



b0188106_23191093.jpg







 ▼佛説阿弥陀経の読経中、参列者の皆様は焼香に進んで頂き、被災された方々に想いを寄せて念仏を唱えてくださいました。



b0188106_2321842.jpg



親子で焼香に進む姿もあり、仏教徒としての宗教儀礼や、日本人としての神仏の前での作法を学ぶ、大変尊い機会になりました。

b0188106_2323154.jpg












 
▼被災地の陸前高田市にある真宗大谷派寺院本稱寺。津波で本堂も庫裏も全て流された同寺では、周辺の瓦礫の中から鐘だけが見つかり、プレハブ造りの仮本堂に設置されました。
(単管パイプに吊る鐘)


b0188106_23325570.jpg


地震発生時刻に合わせ、住職が鐘を鳴らすプロジェクトがあることを事前に聞き、正蓮寺でも追弔法要中に鐘を打ちました。


b0188106_23344943.jpg





百二十人が静まり返った本堂では、仏教で大切な三つの宝、「仏・法・僧伽(サンガと読み、仏法を求める人のこと)」にちなんで三度打たれた鐘の音に包まれました。百二十の合わされた両手がありました。
 



b0188106_23362562.jpg









▼法要後の法話は、福岡県からお運びくださいました住職友人僧侶三名様から、久留米教区仏教青年会の被災地支援活動報告、震災や原発に対するそれぞれの想いや願いを発表していただきました。



b0188106_23372911.jpg




b0188106_23384738.jpg



b0188106_2340586.jpg




最後に全員で合掌礼拝し、お楽しみの福引とお斎代わりのお弁当を持ち帰り頂きました。
ある檀家様は、「痛ましい震災の日に、お寺の本堂でお焼香ができてよかったです。大きなことはできませんが、この日にお念仏をしたいと思っていました。ありがとうございました。」と声をかけてくださいました。


▼今年も厳粛に報恩講をお勤めできたのも、檀家の皆様のおかげです。当番区(鳥打、仲の台、谷戸)の皆様、当日自らお手伝いを頂きました皆様も、本当にありがとうございました。





b0188106_23424854.jpg



b0188106_2344354.jpg




▼仏事にはやはり、平和や平穏の必要性を感じさせる力があります。そういう「場を作る」ことも、お寺やお寺の住職の重要な役割と感じました。

b0188106_23455175.jpg


次回報恩講当番区は長塚区、珍野区、花坂区です。親聖人七百五十回忌のお取越し法要及び正蓮寺開山四百十年の記念法要です。


何卒宜しくお願い致します。  
b0188106_23445852.jpg


 住職 釋元浄



b0188106_23515554.jpg

 







伊豆日日新聞さんが、取材に来てくださっていました。

 
b0188106_23502944.jpg



以上




保育園・幼稚園の親子様も来てくださいました。
ご来場ありがとうございました。♪


お寺の行事はどなたでもお参りいただけます。

「宗派が違うから・・・・」とためらうことはありません。

こどもたちからしたら、みーんなののさまです。

もとはお釈迦様のおしえですから、どなたでもおまいりいただけますのが正蓮寺です。


長文お読みくださりありがとうございました。
[PR]
by hotokenokodomo | 2012-03-29 23:57 | お寺のこと

3.11

b0188106_2392880.jpg


3月11日14時より、

宗祖親鸞聖人報恩講、東日本大震災追弔法要が営まれます。

今日は当番区の近所の方々20名が、

支度に来てくださいました。

b0188106_245336.jpg




b0188106_2465336.jpg


b0188106_2494693.jpg





ある方は幕を張り、

ある方は配布するパンフレットの作成。

たくさんの方にお手伝いを頂きました。

本当にありがとうございました。

明日は10名のお寺様をお迎えして、

謹んでお勤めをいたします。

みなさまも、ともに念仏を。



b0188106_2512881.jpg


福岡から私の同級生の僧侶が来てくださり、

被災地支援のレポートや感じたことなどを映像を織り交ぜて

語ってくれます。

もちろん聴講無料です。

どなたでもおまいりいただけます。

b0188106_2551022.jpg

[PR]
by hotokenokodomo | 2012-03-11 03:26 | お寺のこと
b0188106_1283.jpg


報恩講は真宗門徒が行う仏事の中で、

一番重い法要です。

真宗門徒の一年は、報恩講に始まり、報恩講に終わる。

という言葉もあるほどです。

東日本大震災を追弔して法要も営まれます。

「家族で何かしら行動をしたかったので、良かったです」

とお声かけ頂きました。

こちらこそ、おまいりをこころよりお待ちしております。

長い雨が降っています。

たくさんお参りがあるので、せめて晴れてほしいのですが、

祖父の言葉を思い出します。


「生憎の雨という言葉はない。雨を憎むのは自分の都合だけを考える人間だけだ。

雨が降って困るのは人間だけ。この世には【恵の雨】しか降らない。」


そうでした。そういう感性や価値観を私はこどもたちに教えなければいけません。

今日も反省しながら一日を終えられて、収穫とします。

雨の日には、雨の日のお恵み。



b0188106_1332276.jpg


本堂の荘厳が成就いたしました。

報恩講並びに東日本大震災追弔法要は14:00から

宗教宗派を問いません。

どなたでもどうぞ。


弔法要はどなたでもご参拝いただけます。

仏教徒でなくてもかまいません。
お寺に来たことが無い人でもかまいません。
宗派が違ってもかまいません。
お賽銭がなくてもかまいません。
喪服でなくてかまいません。
ジーンズでもかまいません。
どこかの帰りでもかまいません。
大人でもこどもでもかまいません。
男でも女でもかまいません。
そのどちらでなくてもかまいません。

優しい気持ちでなくても、
悲しい気持ちのままでかまいません。
眠たくなってもかまいません。

合わせる手が無くてもかまいません。
念仏唱える声が無くてもかまいません。
鐘が聞こえなくてもかまいません。

3.11
まずは想いさえあればそれでかまいません

[PR]
by hotokenokodomo | 2012-03-10 01:38 | お寺のこと
b0188106_1304891.jpg


いよいよ3日後になりました 報恩講 東日本大震災追弔会

諸々準備、支度や手配なども佳境です。


久留米から私の同窓の僧侶が来てくれ、

被災地への支援活動のお話など、
貴重な時間を過ごすことができそうです。

今のところ、100名あまりの参加表明を頂いております。

本年もたくさんの方のお参りをいただきます。

大変尊く感じております。

悲しい出来事をしっかり悲しむことができるように務めたいと思います。

もちろん、悲しみで終わってしまっては、宗教者でいる意味がありません。


お釈迦様、親鸞証人の教えを胸に、

人と生まれた悲しみと喜びを味わえる一日にしたいと思います。


b0188106_1414469.jpg





今年から本堂はイス席になります。





b0188106_1332682.jpg

[PR]
by hotokenokodomo | 2012-03-09 01:42 | お寺のこと

あの子もこの子もほとけの子、 どの子もどの子も大切に♪   浄土真宗正蓮寺の本尊である阿弥陀様の慈悲に照らされて命輝く、「ほとけのこども」たちのまわりの出来事をご紹介していきます♪


by hotokenokodomo