伊豆の国市 真宗大谷派正蓮寺・寿光幼稚園・楽生保育園のシェアブログ 「ほとけのこども日記」 

hotokenoko.exblog.jp

あの子もこの子もほとけの子、 どの子もどの子も大切に♪   浄土真宗正蓮寺の本尊である阿弥陀様の慈悲に照らされて命輝く、「ほとけのこども」たちのまわりの出来事をご紹介していきます♪

<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ののさま展は26日まで


秋のお彼岸特別企画展 
【よいこの写佛 ののさま展 は本日26日まで】

ご先祖を縁として佛教を聞くお彼岸。
佛教聴聞週間も、今日で括りとなります。

正蓮寺で企画開催した【ののさま展】にもたくさんのお参りがあり、写佛のほとけさまの表情もいよいよにこやか。こどもが描いた絵とは言え、立派なアート展になりました。

ご来寺いただきましてありがとうございました。





b0188106_1234544.jpg

b0188106_1234920.jpg

b0188106_12341794.jpg

b0188106_12342367.jpg

b0188106_12342522.jpg



新しいお檀家の茶道の先生から寄進された、立礼棚(りゅうれいだな)も大活躍して、お彼岸中日23日の午後には30名ほどの方がお抹茶を楽しみました。先日東本願寺のお買い物広場で買ってきた金平糖も、「振り出し」という金平糖専用の用具に入れられて、なんだか余計にかわいらしく。

何人かの方には、お寺がカフェのように、憩いの場に見えたようでした。


b0188106_12342712.jpg

b0188106_12343228.jpg

b0188106_12343635.jpg

b0188106_12343830.jpg

b0188106_12344150.jpg

b0188106_12344388.jpg



もともとお寺はカフェですね。
お茶を出しておもてなしをしたり、美味しい頂き物があればおすそ分けをしあったり。
カフェとは言え、料金こそ発生しませんが、自然と賽銭箱からは音がしました。

こんな時、佛教とか法話とか説法とかは脇に置いて、大切なことは「来られた方のお話を聞く」ということ。また、そうなりやすい環境を整えることですね。

現代寺院だからこそ提供できる価値。もっともっと磨いていきたいと思います。


b0188106_12344867.jpg

b0188106_1234568.jpg

[PR]
by hotokenokodomo | 2013-09-26 12:32 | お寺のこと
【 正蓮寺だより21号PDF版 】

自分で課した締め切りを3日過ぎて、寺報が完成しました。
(己の愚鈍さを嘆いております。。。)

やはり紙媒体の方が好きですがお寺のリアルタイムな近況を「伝えること」「伝わることに重きを置いて、SNSを利用してPDF版もリリースしております。郵送の方、明後日には届くと思います。今しばらくお待ちくださいませ!

ご一読いただいた方の、心豊かな礼拝生活(ライハイライフ)の一助になればと念じております

ありがとうを育む、礼拝生活のガイドブック。

正蓮寺だより21号はこちらです

もくじ
・お彼岸の心   
・一般公開 園児による絵画展 カラフル写佛 ののさま展
・お盆 お世話になりました 境内の蓮の花写真
・夏休みの正蓮寺 鳥打区のラジオ体操     
・書道・書写教室がスタート
・ブッダ三島公演
 第12回伊豆同朋の会
 第80回四ヶ寺聞法会
・佛教質問コーナー お数珠って持たなきゃダメ?
・あとがき
・写真コラム ほとけのこ



次号22号からは、なんと、仏前結婚式の記事の連載が始まります♡
お楽しみに♪
[PR]
by hotokenokodomo | 2013-09-18 22:43 | お寺のこと
今後の寺yogaのご案内をいたします。

【青色のチラシ】

次回は10月7日(月)の申し込みは、
Megumi Murashima先生までお願いします♪
恵先生はこの回で正蓮寺の寺yogaを卒業されます。
およそ3年、寺yogaの礎を築いた先生ですので寂しい限りです。
西の方へ転居なさる予定?なので、東海関西方面で寺yogaを始めたいお寺様がおられましたら是非お声掛けください♪

b0188106_22493792.jpg

b0188106_22494228.jpg



その次の【桃色のチラシ】10月18日(金)から、新しいヨガの先生になります。
元 寿光幼稚園の保護者様です。申し込み方法はチラシに記載の通りです。
ヨガの内容や料金体系はバージョンアップして少し変わりますが、寺yogaとしてのホスピタリティに変更はありません。皆様を心から歓迎させていただきたいと思います。


b0188106_22205550.png


b0188106_1124479.png



本日の寺yogaも、素敵な時間でした。
セミの鳴き声から鈴虫に代わり、天然のBGMにみなさんうっとりしておられましたね。台風で折れた蓮の葉が境内にありましたので、ちょっと今日は趣向を変えて展示をし、その役を果たしてもらいました。
ご参加の皆さんとスロウな時間を過ごせて、私自身も嬉しい一日でした。

b0188106_22494441.jpg

b0188106_22494965.jpg

b0188106_22495599.jpg

b0188106_22495928.jpg

[PR]
by hotokenokodomo | 2013-09-17 22:48 | 寺yogaのこと
100枚のカラフルな写佛絵 『ののさま展』 一般公開

平成25年9月20日㈮~26日㈭ 9時~16時

お彼岸の御中日23日には、お抹茶の振る舞いもございます。

昨年初めて実施し、大好評を頂きました、寿光幼稚園と楽生保育園の年長園児による

写佛絵の展示

「ののさま展」を今年も秋のお彼岸に本堂で行います。
b0188106_9331914.jpg






b0188106_9331542.jpg

b0188106_9323642.jpg

 仏説阿弥陀経

という経典には、

「池中蓮華(ちちゅうれんげ)
大如車輪(だいにょしゃりん)
青色青光(しょうしきしょうこう)
黄色黄光(おうしきおうこう)
赤色赤光(しゃくしきしゃっこう)
白色白光(びゃくしきびゃっこう)」


という箇所があり、極楽浄土の池の中に咲く蓮の花の大きさは、車輪のように大きく、青い花は青い光、黄色い花は黄色い光、赤い花は赤い光、白い花は白い光を、それぞれがそれぞれに輝いて美しい様を表しています。金子みすずさんの「みんなちがってみんないい」

は、この阿弥陀経がヒントともいわれます。
b0188106_9324043.jpg



b0188106_9324540.jpg

b0188106_932514.jpg

b0188106_9325520.jpg

b0188106_9325777.jpg

b0188106_933172.jpg



本堂の内陣に初めて正座して描いた仏様。
清らかで美しい、光あふれる絵画をご覧頂き、どうぞ心癒されてください。


b0188106_93366.jpg

b0188106_9331135.jpg

[PR]
by hotokenokodomo | 2013-09-13 09:32 | お寺のこと
真宗大谷派 正蓮寺が母体となっている、
私立寿光幼稚園、平成26年度の園児募集チラシです。

去年度とは大幅にリニューアルしました。
ご一読いただけましたら幸いです001.gif001.gif

b0188106_1792994.jpg


b0188106_1713303.jpg

[PR]
by hotokenokodomo | 2013-09-06 18:39 | 園のこと

寺yogaのご案内




寺yogaのご案内の記事を投稿しそびれておりました。大変申し訳ございませんでした。

一番上の画像、チラシには9月までの予定が書いておりますが、10月7日(月)の開催も決定しております。

申し込みは寺yoga講師、村島先生までお願いいたします。
チラシ画像をクリックすると大きくなります。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

b0188106_17125448.jpg

b0188106_1712564.jpg

b0188106_17125830.jpg

b0188106_1713215.jpg

b0188106_1713559.jpg

b0188106_1713861.jpg

b0188106_17131169.jpg

b0188106_17131325.jpg

b0188106_17131723.jpg

[PR]
by hotokenokodomo | 2013-09-05 17:20 | 寺yogaのこと
お盆のおつとめ円成
【佛歴2556年盆回向 おつとめ後のお話メニュー

・お盆ってそもそも何でやるの?
・カルピスの語源に、へえ~
・夏の袈裟新調御礼からお布施の話
・お焼香の仕方
・お坊さんの和風クールビズ
・蓮の花の徳

佛歴2556年、7月8月のお盆が過ぎ、月参りの習慣があまりない伊豆地域で、正蓮寺がおまいりさせていただいた全てのお宅では、先達のご命終、ご先祖をご縁に佛徳を賛嘆し、住職として檀家の皆様への感謝の気持ちを表させていただくことができました。

数年前は、朝7時に出発し、ノンストップで夜8時に帰宅する日もありましたが、檀家の皆様のご理解によりお参りの日を1日増やし、件数を分散させていただいたことによってお互いにゆとりが生まれ、檀家さんのお話をしっかり聞くことができました。

そりゃあ普通、「お坊さんが玄関や茶の間や床の間まで上がってくる」わけですから、お坊さんでなくても身構えてしまうはずです。
逆に、檀家さんがうちのお内仏にお参りに来られたら僕も身構えますw

そんな緊張感をほぐすためにも、やはり大事なのは和顔愛語。
40度近くの暑さの中、袈裟で4枚重ね着だって、涼しい顔して過ごします。

誰でもわかってる、「暑いねえ~。」「そうだねえ~。」の中に、お寺と檀家さんという独特の、何とも言えない信頼感と責任感が混在しているのを味わいながら、仏間へ案内され進む数歩が好きです。

全軒おまいりが円成したことを、酒屋の店主の檀頭総代さんにご報告して、いつものオロナミンCをいただきました。

住職は仏教の家庭教師。
早く来年のお盆が来ないかな。

檀家の皆様、冷たい麦茶、プリン、おまんじゅう、フルーツ、ビタミン剤、冷たいおしぼりなどなどお接待いただきまして、誠にありがとうございました!


b0188106_2249245.jpg

b0188106_22492745.jpg

b0188106_22492971.jpg

b0188106_22493382.jpg

b0188106_22493762.jpg

b0188106_22494147.jpg

b0188106_22494833.jpg

b0188106_2249503.jpg

b0188106_22495362.jpg

b0188106_22495598.jpg

b0188106_22495958.jpg

b0188106_2250273.jpg

b0188106_2250538.jpg

b0188106_22501289.jpg

b0188106_22501462.jpg

b0188106_22501973.jpg

b0188106_22502336.jpg

b0188106_225025100.jpg

[PR]
by hotokenokodomo | 2013-09-03 22:48 | お寺のこと

あの子もこの子もほとけの子、 どの子もどの子も大切に♪   浄土真宗正蓮寺の本尊である阿弥陀様の慈悲に照らされて命輝く、「ほとけのこども」たちのまわりの出来事をご紹介していきます♪


by hotokenokodomo