人気ブログランキング |

伊豆の国市 真宗大谷派正蓮寺・寿光幼稚園・楽生保育園のシェアブログ 「ほとけのこども日記」 

hotokenoko.exblog.jp

あの子もこの子もほとけの子、 どの子もどの子も大切に♪   浄土真宗正蓮寺の本尊である阿弥陀様の慈悲に照らされて命輝く、「ほとけのこども」たちのまわりの出来事をご紹介していきます♪

お寺の本堂で佛前結婚式が行われました。

b0188106_0365577.jpg



平成25年3月30日

正蓮寺の本堂で、檀家さまの佛前結婚式を挙行いたしました。

b0188106_037548.jpg


ご本尊はもちろん、互いのご先祖の遺影が帯びるぬくもりを感じながら、お二人の門出を厳粛に迎えました。

新郎のお宅は代々正蓮寺の総代宅。亡きお祖父様は正蓮寺の寺門興隆に多大な功績を残された方で、この本堂が落慶(落成)した功労者。
私も一世一代の恩義を感じ、婚儀を司る「司婚者」として、全身全霊を懸けて儀式執行に当たりました。

近頃ではあまり見ないこの「佛前結婚式」。
昔は地域に「広い部屋」がありませんでしたから、神社やお寺で式を挙げることは一般的だったといいます。

仏前に結婚の意義を語る「司婚者表白」。
礼拝を夫婦生活の中心とする「誓いのことば」。
お互いに煩悩をしっかりと束ねて生きるしるし「夫婦念珠授与」。
はじめて二人でご本尊にご挨拶「新郎新婦焼香」。
もちろん「指輪の交換」などなど、

司婚をしている私が感動し通しの婚儀でありました。

今回は和装での挙式でしたが、ご希望に応じてドレス姿で行う方もあるようです。お寺で純白のウエディングドレスも素敵ですね♪
今回はやや少なめの座席数でしたが、正蓮寺ではきっと60人くらいまではゆとりを持って対応できそうです。

慣れない佛前結婚式を迎えるに当たり、きっと不安だったんでしょう新郎新婦からも「予想していたよりずっと良かったです。ご先祖孝行ができました。」と、本音をいただき嬉しく思いました。ちなみにお嫁さんは最近仏像が国宝に指定された伊豆では有名な「願成就院」の檀家様。願、成就です。

新郎と新婦は「縁結び」
先祖と子孫は「いのちの縁の結び直し」

荘厳な佛教讃歌に彩られ、
まぎれもない佛縁で結ばれる佛前結婚式、

ぐっときます。



b0188106_0363789.jpg

b0188106_0364125.jpg

b0188106_0364339.jpg

b0188106_0365157.jpg

b0188106_0363312.jpg

b0188106_0365964.jpg

b0188106_037225.jpg

by hotokenokodomo | 2013-04-06 00:36 | お寺のこと

あの子もこの子もほとけの子、 どの子もどの子も大切に♪   浄土真宗正蓮寺の本尊である阿弥陀様の慈悲に照らされて命輝く、「ほとけのこども」たちのまわりの出来事をご紹介していきます♪


by hotokenokodomo