人気ブログランキング |

伊豆の国市 真宗大谷派正蓮寺・寿光幼稚園・楽生保育園のシェアブログ 「ほとけのこども日記」 

hotokenoko.exblog.jp

あの子もこの子もほとけの子、 どの子もどの子も大切に♪   浄土真宗正蓮寺の本尊である阿弥陀様の慈悲に照らされて命輝く、「ほとけのこども」たちのまわりの出来事をご紹介していきます♪

雨雨ふれふれ入園式。そうして世界はあなたを尊んでいる。



明日は寿光幼稚園楽生保育園の入園式。
両園合わせて84名のほとけのこどもが誕生します。

 最初の日を最後の日と思って、最後の日を最初の日と思って、
きびしく、たのしく、おごそかに保育をし、
私たちも保護者の皆さまとともに「ほとけのこども」として育ち合いたいと思います。
...

今年は入園式に、お釈迦様誕生のオマージュ、花御堂(はなみどう)を設置しました。

その昔、ルンビニーの花畑で生まれたお釈迦様は、
生まれてすぐ七歩歩いて天と地を指さし、
「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と話されました。

天上天下唯我独尊とは「私が一番偉いのだ」ではなく、
「私(あなた)という存在はこの世でたったひとつ。だから儚く美しく、そしてそれが尊い。」こと。

天の神々たちはお釈迦様の誕生を祝って、甘茶の雨を降らせました。
(甘露雨の「甘露」はそのストーリーが由来しています。)

雨雨降って困るのは人間だけ。
木々や樹木はいよいよ命を輝かせ、春を豊かに彩る準備をしています。

雨雨ふれふれ入園式。
こどもたちの入園を、世界が喜んでいるようです。



そして、


父が亡くなり12年。
家族親族職員みんなでどうにかこうにか守ってきたこの楽園に、娘が入園。
もちろん僕も妻も入園。その意味は僕達にとって深く、厳粛であります。

遊煩悩林現神通 入生死園示応化。
準備万端の前夜に、父の声が湧き出て沁み入り、まるで呼吸をするよう。

明日は「式」の中で娘の名前が呼ばれる。いいお返事ができなくっても、、、

聞ーこーえーてーほーしーい
あーなーたーにーも・・・
(人にやさしく THE BLUE HEARTS)




b0188106_23035346.jpg
b0188106_23035259.jpg
b0188106_23035181.jpg
b0188106_23035040.jpg
b0188106_23035163.jpg
b0188106_23034945.jpg

by hotokenokodomo | 2014-04-03 23:19 | 園のこと

あの子もこの子もほとけの子、 どの子もどの子も大切に♪   浄土真宗正蓮寺の本尊である阿弥陀様の慈悲に照らされて命輝く、「ほとけのこども」たちのまわりの出来事をご紹介していきます♪


by hotokenokodomo